ホワイピュアの画像4

シミやそばかすのケアは内側からもやるのが常識!でも、シミやそばかすに効果のある医薬品って、たくさんの種類があるんですよね。

今回はホワイピュアとキミエホワイトの明確な違いを比較してみます。

ホワイピュアもキミエホワイトもどちらも気になっているという人、必見ですよ!

ホワイピュアとキミエホワイトを比較してみた!

キミエホワイトの画像

まずはホワイピュアとキミエホワイトの価格や配合成分を比較してみます。

ホワイピュア

定価:¥5,800(税抜)
送料:無料
L-システイン:240mg
アスコルビン酸(ビタミンC):1,000mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6):12mg

キミエホワイトプラス

定価:¥4,200(税抜)
送料:¥700
L-システイン:240mg
アスコルビン酸(ビタミンC):500mg
ピリドキシン塩酸塩:無配合

ではそれぞれの項目から比較してみましょう!

価格

価格に関してはキミエホワイトの方が軍配が上がりました。

定価の違いは¥1,600です。

また、初回費用に関してもキミエホワイトの方が価格が安くホワイピュア¥2,900に対しキミエホワイトは¥1,900でした。

しかし、キミエホワイトには定期コースがないため常にこの価格で購入しなければならないのに対してホワイピュアは定期コースで購入すると毎回¥4,930(税抜)で購入が可能です。

おまけに送料無料!

キミエホワイトは1回あたりの買い物で¥5,000円以上の購入がないと送料が¥700かかってしまいます。

つまり、ホワイピュアは2回目以降も¥4,930(税抜/送料無料)で購入が可能ですが、キミエホワイトの2回目以降の購入は¥4,900(税抜/送料込み)になるということです。

と考えると、ホワイピュアとキミエホワイトの価格を比べるとその差はほとんどないと考えてよさそうです。

配合成分

配合成分を見てみると美白成分であるL-システインの配合量は同じでしたが、アスコルビン酸(ビタミンC)の配合量はなんとホワイピュアが倍!

ほとんど同じ価格なのにこれだけ高濃度のビタミンCが配合されていると考えると、ホワイピュアの方がかなりお得に感じませんか?

おまけに、キミエホワイトには配合されていないピリドキシン塩酸塩は美肌を作り出すサポートをしてくれる心強い成分です。

ピリドキシン塩酸塩をしっかりと摂取することで肌の皮脂分泌バランスが整い、ニキビや吹き出物ができにくくなります。

効果と効能

ホワイピュア

体の中からケアをすることでシミやそばかすの対策ができます。

芸能人も愛用していることからその名が広まり、確かな効果で絶大な支持を得ています。

様々なビタミンがたっぷりと配合されていて、特にビタミンCが高配合されているため美白効果が非常に高いです。

キミエホワイト

パントテン酸カルシウムを新たに配合し、シミやそばかすを緩和するだけでなく治すことも出来る医薬品となりました。

ニキビや湿疹にも効果を発揮し、二日酔いの緩和効果もあります。

1回につき1錠の服用という点も嬉しいポイントです。

2点とも美白に効果を発揮する医薬品です。

ホワイピュアに配合されているピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)はキミエホワイトには配合されていませんが、キミエホワイトにはパントテン酸カルシウム(ビタミンB5)が配合されています。

どちらも同じような働きをしてくれるため、皮脂やニキビに悩んでいる人におすすめです。

美白効果に対してはビタミンCを高濃度で配合しているホワイピュアに軍配があがります。

ビタミンCは美白効果だけでなく、コラーゲンの生成を促す働きもあるので、たっぷりとビタミンCが摂取できるホワイピュアの方がアンチエイジング効果も高いでしょう。

少しでも安く美白用医薬品を使いたい、薬を飲むのが苦手という人はキミエホワイト。

高い美白効果を得たい、体の疲れもケアしたいという人はホワイピュアを選ぶといいでしょう。

どちらも違った良さがあるので、肌悩みに合わせて選んでいきたいですね。


⇒ ホワイピュアの公式サイトはこちら