授乳中の子供の画像

ホワイピュアは授乳中でも飲めるのでしょうか?

妊娠中や出産後に、いきなりシミが出てしまう女性が多いそうです。

赤ちゃんの誕生はとても喜ばしい事だけど、できればいつでもキレイでいたいと思うママさんもいらっしゃると思います。

そこで、体の内側から全身の美白対策ができると言うホワイピュアは授乳中でも飲めるのか調べてみました。

ホワイピュアは授乳中でも服用できるの?

ホワイピュアは基礎化粧品と違い、美白に良いと言われる栄養成分の錠剤を飲む事で、体の中から美白対策をすると言うものです。

出産間もなければ、子育てに追われて十分なスキンケアをする時間もなかなかないかも知れません。

でもホワイピュアなら飲むだけで、しかも全身の美白ケアができると言うメリットがあります。

でも…授乳中にやたらとサプリメントや医薬品を飲むのは抵抗があると言うママさんもいますよね。

公式サイトの良くある質問コーナーでは、ホワイピュアは授乳中でも栄養補給になるので、特に問題なく飲めると言う内容が書いてあります。(ただし、気になる方は医師に相談するのが良いとも書いてありますね。)

また、ホワイピュアは「第3類医薬品」と言う事で、どのくらいの安全性があるのか不安な方もいるかも知れません。

まずは、医薬品の種類について簡単に説明しますね。

医薬品には、処方せんがないと買えない「医療用医薬品」と、自分で選んで買える「一般医薬品」とがあります。

一般医薬品には第1類から第3類まであり、第1類が最もリスクが高いとも言われ、第3類が最も安全性が高いとされています。

第1類は効果もリスクも高いので(それでも十分安全ではあります)、使い方や取り扱いについて、必ず薬剤師さんなど資格のある人から直接説明を受けなければ買えないと薬事法で決まっています。

第3類は、効果について認められていて、なおかつ安全性が最も高いのでコンビニや通販で販売しても良い医薬品と区別されています。

つまり、ホワイピュアは通販で販売できるくらい安全性が高い医薬品と言う訳です。

もし粗悪品だったら公式サイトに会社情報などは一切掲載されませんが、ホワイピュアは公式サイトから会社情報などが閲覧できるので安心ですよ。

次に、ホワイピュアに配合されている成分について調べてみました。

ホワイピュアは公式サイトにて全成分を確認する事ができるのですが、添加物が配合されている事も、成分名もきちんと書いてあります。

簡単ではありますが、ホワイピュアに配合されている添加物と役割りは以下のようになっています。

トウモロコシデンプン

少しの量の薬剤を調剤しやすくする為の成分です。

結晶セルロース

添加物でありながら、体内のコレステロールを排出するデトックス効果があるそうで、健康食品に良く使われる成分なのだそうです。

クロスカルメロースナトリウム

お薬が消化器官できちんと消化できるようにサポートします。

メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

胃酸をおさえたり、胃の粘膜を保護する働きがある成分で、胃酸やゲップをおさえます。

ステアリン酸マグネシウム

粉末状の薬剤を固めて錠剤にしやすくする為の成分。

ヒプロメロース

錠剤が胃酸で溶けないようにコーティングする働きがあります。

酸化チタン

錠剤の中の薬成分を光から守り、商品が劣化するのを防ぎます。

マクロゴール

錠剤の表面をコーティングするのに使われます。

いずれもホワイピュアに配合されているのはごく少量ですが、どんな医薬品でも副作用が出る可能性は絶対ないとは言いきれないそうです。

少しでも心配だと思う方は、自己判断で勝手に飲んだり止めたりせず、必ずお医者様に相談するようにして下さいね。

また、飲んでいて途中で体調が悪くなった場合は、すぐに服用を止めて病院に行って下さいね。

一回の量と飲み方を守れば、安全に栄養補給と美白対策ができるのがホワイピュアです。

興味のある方は、公式サイトを詳しくご覧になってみて下さいね。


⇒ ホワイピュアの公式サイトはこちら