ホワイピュアの画像18

ジェイフロンティア(株)(至誠堂製薬(株)製造)のホワイピュアもエスエス製薬(株)のハイチオールも、飲む事でシミやそばかすの悩みを改善すると言う医薬品です。

どちらも同じ内容の商品の中では特に人気のある商品ですが、どちらを買う方が良いのか迷っている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここではホワイピュアとハイチオールの違いについて極力わかりやすくまとめていますので、迷っている人は良かったら参考になさって下さいね。

ホワイピュアとハイチオール、その特徴は?

飲むならホワイピュアとハイチオールのどちらが良いか?と2つの違いについてお話する前に、まずは同じハイチオールでもシリーズ化されて別に売られている「ハイチオールCホワイティア」と、「ハイチオールCプラス」の違いを説明しますね。

ハイチオールCは美白に特化したラインと言えます(ニキビや肌荒れに特化しているのはハイチオール「B」で、同じハイチオールでもCは美白、Bはニキビと言う事です)。

そのハイチオールCライン…ホワイティアとプラスの違いを分かりやすく言いますと、

ハイチオールCホワイティアの特徴

ハイチオールCホワイティアの画像

(出典)エスエス製薬 https://www.ssp.co.jp/hythiol/



本気でシミ対策をしたい人向けで、長期継続を前提に飲む美白用の錠剤です。

ハイチオールCプラスの特徴

ハイチオールCプラスの画像

(出典)エスエス製薬 https://www.ssp.co.jp/hythiol/



こちらはシミ対策もできますが、ニキビや全身の疲れと言った症状にも効果が期待できます。

ハイチオールCの二種類の特徴は簡単に言うと上記のような感じですが、ホワイピュアはどうでしょう?

ホワイピュアの特徴

・瓶から袋タイプになり、持ち運びしやすくゴミも出ない
・ハイチオールCシリーズには配合されていない4種類のビタミンを配合しているので栄養補給効果も期待できる
・定期購入サービスがあり、毎月定価より安く購入できる

このような特徴があります。

ホワイピュアとハイチオールの違いをわかりやすく言うならば、配合されている成分に、成分量、値段、1日に飲む回数ですね。

今回紹介しています3種類のシミに対する作用、働きはどれも同じなので、ベースとなる配合成分も同じです。

なので、どれを選ぶかはシミや美白以外にも何か効果を求めるのか、続けやすい価格であるか、飲み忘れや飲みにくいと言った事はなさそうか、購入経路は簡単ですぐ入手できるか…と言う部分で考えてみても良さそうですね。

配合されている成分の違いは?

ホワイピュアやハイチオールなどを飲むと、なぜシミやそばかす、色素沈着と言ったお肌の黒く変化した部分を元の肌色に戻せるのでしょう?

それはビタミンC(アスコルビン酸)とL-システインと言う美白有効成分が、紫外線やストレスなどでメラニンと言う物質が黒くなるのを防ぎ、今あるシミには肌のターンオーバーを促して、肌の表面から剥がれ落ちやすくするからです。

また、このL-システインはアミノ酸の一種なのですが、ビタミンCと同時に摂取すると効果が高まり、今あるシミを元の肌色に戻す作用もあるそうです。

ですので、現在販売されている美白用の医薬品には、ほぼこのL-システインとビタミンCが配合されていて、あとは1錠に含まれる量が違ったり、他に美容成分が配合されていたりして各メーカー毎に差別化を謀っています。

ホワイピュアの成分はどうでしょうか?見てみると

ホワイピュアの成分の画像

・L-システイン(240mg)
・ビタミンC(1,000mg)
・ビタミンB2(6mg)
・ビタミンB6(12mg)
・ビタミンE(50mg)

となっています。

ビタミンB2とB6はお肌の細胞から代謝を促しターンオーバーが正常になるように作用します。

ビタミンEは紫外線ダメージからお肌を守り、シミの原因を抑える働きがあります。

こうして成分から見てみると、ホワイピュアはL-システインとビタミンCが錠剤に配合できる最大量を配合していますし、シミの原因をしっかり抑えながら今あるシミを薄くし、更にターンオーバーを促す働きが特に優れている商品と言えます。

ハイチオールCホワイティアの成分は?

・L-システイン(240mg)
・ビタミンC(500mg)
・パントテン酸カルシウム(30mg)

とてもシンプルですね。

パントテン酸カルシウムとはビタミンB5のことで、皮膚や髪の毛などを健康にする成分です。

ハイチオールCプラスの成分を見てみると

・L-システイン(240mg)
・ビタミンC(500mg)
・パントテン酸カルシウム(24mg)

こちらもシンプルです。

ただ、ハイチオールCプラスは一日3回を2錠ずつ、計6錠が一日分になります。

ハイチオールCプラスの効能にある「二日酔、全身のだるさ」と言うのは、L-システインのパワーで改善されると言われています。

ハイチオールCプラスは一日3回飲む事で、より効果的にL-システインのパワーを発揮させ、結果的に二日酔やだるさの改善になるものと思われます。

でも、L-システインが二日酔やだるさに効くなら、ホワイピュアでも同じ効果があるんじゃないの?と思うかもしれませんね。

ホワイピュアは一日2回飲むタイプなので、ハイチオールCホワイティアの方に似ています。

ホワイピュアの効能に、二日酔やだるさと書いていないのは、二日酔やだるさに効くかどうか正確なテストを行っていないからだと言う説があります。

また、ホワイピュアは病中病後の体力回復や疲労回復、栄養補給などのように効能に書いてあるので、大体は同じような効果があると言う事なのでしょう。

ホワイピュアはなんと言ってもビタミンが豊富で、シミにもお肌にも効きそうです。

ハイチオールCホワイティアは、長期継続を見据えた本気のシミ対策と言う事で、錠剤が小さく飲みやすいのがポイントです。

ハイチオールCプラスは一日3回飲む事で、お肌にも体にもじんわりと効果を発揮してくれそうです。

このように、同じ美白用の第3類医薬品と言えども、少しずつ効果効能に違いがあるのは面白いですね。

期待できる効果・効能について

お薬の箱や瓶を見てみると、詳しい効果・効能が書いてありますよね。

ホワイピュアとハイチオールの効果・効能について、詳しく見てみました。

ホワイピュアの効果・効能…

・シミやそばかす、日やけ、かぶれなどによる色素沈着
・歯茎からの出血や鼻血
・次の場合のビタミンCの補給
・妊娠・授乳期の女性、老年期の方、肉体疲労時
・病中・病後の体力回復

以上のような効果があるようです。


⇒ ホワイピュアの公式サイトはこちら


ハイチオールCホワイティアの効果はどうでしょう?

ハイチオールCホワイティアの効果・効能…

・シミ、そばかすなどの色素沈着
・二日酔いや全身のだるさ
・ニキビや湿疹、蕁麻疹、肌のかぶれや薬まけ

上記の内容が書いてありました。


楽天市場で購入するなら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【第3類医薬品】ハイチオールC ホワイティア(120錠)【ハイチオール】【送料無料】


ハイチオールCプラスはどうでしょう?

ハイチオールCプラスの効果・効能…

・シミ、そばかす、ニキビ跡や日焼けなどによる色素沈着
・全身のだるさや倦怠感、二日酔い
・ニキビ、蕁麻疹、湿疹、かぶれ、くすりまけ

以上の内容が書いてありましたが、説明書だけ読むとホワイティアと同じですね。


楽天市場で購入するなら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【第3類医薬品】ハイチオールCプラス(180錠)【ハイチオール】


ハイチオールシリーズを製造販売しているエスエス製薬のホームページを見ますと、ハイチオールCホワイティアは本気のシミ対策、ハイチオールCプラスはシミだけではなくニキビや二日酔いにも効くと言う紹介がされていますので、そう言った効能の差があると言う解釈で良いのでしょう。

つまり、効果だけで選ぶなら、

・とにかくシミを何とかしたい!妊娠・授乳中でも美白対策をしたい!と言う人ならばホワイピュア
・穏やかな効き目で確かな美白対策を続けたいならハイチオールCホワイティア
・お酒も好きだし日常的に肌荒れが悩み…と言う人はハイチオールCプラス

と言った所でしょうか?

特に普段からシミだけではなく肌トラブルに悩んでいる人はとても多いと思いますので、肌トラブル全般に悩んでいる人にはハイチオールCプラスは強い味方になってくれそうです。

因みに、ホワイピュアやハイチオールの良い所は、飲めば全身のシミなどに効く事、紫外線だけではなくストレスや生活環境からできてしまったシミやそばかすにも効く事、更に肝斑にも効果があるそうです。

外側からケアする美白化粧品は、紫外線によるシミをケアするものが多いので、ホワイピュアのような飲む美白ケアはとても万能な医薬品と言えます。

どちらにも副作用の心配はある?

考える女性の画像2

ホワイピュアもハイチオールも、どちらも第3類医薬品と表記されています。

まず、第3類とはどういう意味でしょうか?

医薬品は、お医者様に処方してもらう医療用の医薬品と、処方箋がなくても自分で選んで購入できる一般医薬品とがあります。

一般医薬品には第1類~第3類まであり、それは副作用のリスクの程度によって分類されています。

第1類は副作用のリスクが高くなるので、例えドラッグストアでも薬剤師さんの説明を聞かないと買う事ができないとされています。

第2類は頭痛薬に多いので、日頃ドラッグストアで頭痛薬を購入している人であれば副作用のリスクがどの程度か分かりやすいと思います。

わからない事があれば薬剤師さんに相談して選ぶと良い、と言うレベルですね。

第3類は最も副作用のリスクが低く、コンビニや通販で販売しても良い事になっています。

手軽に買える身近な医薬品と言う感じですね。

ですので、ホワイピュアもハイチオールも一番副作用のリスクが低く、もし仮に副作用が出たとしても、日常生活に支障のない程度と言う訳です。

さて、副作用に対するリスクは低いとわかった所で、一体どのような症状があるのか見て見ましょう。

ホワイピュアは、

・発疹、赤み、痒み
・吐き気、胃の不快感
・便秘、下痢、腹痛

ハイチオールは両方とも、

・発疹
・腹痛
・吐き気

と書いてあります。

リスクが低いとは言え、医薬品である以上は必ず副作用のリスクと言うのが伴います。

もしも飲んでいて異変を感じた時は服用を止め、商品を持って病院に行って下さいね。

価格や販売状況は?

キーボードとカートの画像

ホワイピュアもハイチオールも、毎日飲むものなのですぐに入手できると助かりますよね。

意外とドラッグストアや薬局などで美白用の医薬品を見掛ける事があると思います。

でも、近くにドラッグストアなど取り扱い販売店がなかったら通販に頼る事になりますし、できればちょっとでも安く買えると続けやすいですよね。

そこで、ホワイピュアとハイチオールの販売状況を調べてみました。

ホワイピュアの方は、もともと通販限定、しかも公式サイトからじゃないと購入できないと言う事で、試しに楽天市場やamazon、Yahoo!ショッピングなどで調べてみましたが本当に取り扱いがありませんでした。

と言う訳でホワイピュアを買うときは公式サイトから通販で注文するしかないのですが、定価だと高そうで怖い!と不安になりませんか?

確かに通常購入ですと180錠入りで5,800円(税抜)ですし、送料の324円と手数料も掛かります。

ただ、公式サイトならではのお得な定期購入があり、初めてホワイピュアの定期購入をする場合に限り、最初の1袋が1,900円(税抜)で購入できます!

更に薬用美白クリームのサンプルがもらえて送料と手数料も無料、しかも初回だけで解約もできると言うので、初めてホワイピュアを購入するなら定期購入の方が断然お得になります。

次にハイチオールですが、実はあちこちに取り扱い販売店があり、ドラッグストアにもあるしamazonなどにもあるし、マツモトキヨシのオンラインストアなどにもあります。

ハイチオールCホワイティアの希望小売り価格は120錠入りで4,500円(税抜)、ハイチオールCプラスの希望小売り価格は180錠入りで4,200円(税抜)となっていますが、取り扱い店舗によって価格がバラバラです(2,000円前後くらいの価格帯で購入できるお店が多いようです)。

ハイチオールCをとにかく安く買いたいなら、「価格.com」と言うサイトで検索すると、その時の最安値で販売しているお店と価格を調べる事ができるので、ハイチオールCが欲しい人は利用してみて下さいね。

あなたにお奨めなのはこちら!

おすすめのポーズをする女性の画像

ホワイピュア、ハイチオールCホワイティア、ハイチオールCプラスと3つの美白医薬品の特徴を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ピンと来た商品はありましたか?美白用の医薬品を選ぶポイントは、効果が自分の悩みに合っているもの、続けやすい価格であること、飲みやすさですね。

今このページを読んでいると言う事は、やはりシミを気にしていたり、「スキンケアは時間もお金も掛かるから手軽に美白ケアできないかしら?」なんて悩みもあるかもしれませんね。

手軽に体の内側からシミを消したい!美白対策をしたい!と言うので選ぶなら、ホワイピュア→ハイチオールCホワイティア→ハイチオールCプラスとなります。

ですが、何よりも価格で選びたい!安さ重視!と言う事であればハイチオールCシリーズの方が良いですね。

飲みやすさも重視するなら、一日2回のホワイピュアかハイチオールCホワイティアが飲み忘れも少なく済みそうです。

普段からお酒が好きで、ちょっと不摂生気味で、なんか毎日肌の調子が悪い…と言う人は、一日3回にはなりますがハイチオールCプラスの方が良いでしょう。

いずれにせよ大事なのは、きちんと毎日飲む事です。

医薬品はサプリメントと違い、飲み忘れた分をまとめて飲むと言う事ができません(サプリメントは健康食品と言う分類になるので、まとめて飲んだりできますが、食品なので効果は微妙かもしれないと言う特徴があります)。

正しく飲めばお肌の変化を実感できますが、ある程度の期間は飲み続けるのがベストです。

ぜひご自身の肌悩みやライフスタイルに合った商品で、全身の美白ケアに取り組んでみて下さいね。


⇒ ホワイピュアの公式サイトはこちら


楽天市場で購入するなら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【第3類医薬品】ハイチオールC ホワイティア(120錠)【ハイチオール】【送料無料】


楽天市場で購入するなら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【第3類医薬品】ハイチオールCプラス(180錠)【ハイチオール】