医者の顔から下の画像

内側からシミのケアができるとして、メディアやSNSで話題を集めているホワイピュア。

そんなホワイピュアですが、皮膚科医が治療の一環として患者に勧めているという話を聞きました!

皮膚のスペシャリストである皮膚科医が認める理由を検証してみました!

ホワイピュアが皮膚科医にも支持を集めている理由は?

皮膚科医にアンケート調査を行ったところ、皮膚科医の96.6%が「ホワイピュアを飲み続けたい」と回答したそうです。

皮膚症状のスペシャリストである皮膚科医から絶賛される理由はなんなのでしょうか?

まず、シミができてしまう原因をみていきましょう。

シミができるメカニズムは、メラノサイトと呼ばれる色素細胞が肌の表面いメラニンを作り出すよう指令を出すことから始まります。

メラニン色素は肌を紫外線や摩擦など外部刺激から守るために分泌されるので、肌の健康を守るためには欠かせません。

本来はターンオーバーによって古くなった角質と共に排出されるのですが、メラニン色素が分泌されすぎると排出がされずメラニン色素が肌にとどまってしまいます。

これがシミの原因です。

表面化したシミや隠れジミを消すためにはシミの原因を除去する必要があります。

そのためには、まずメラノサイトの働きを止めなければいけません。

メラノサイトは肌の組織の奥深くの基底層にあります。

そのため、クリームや美容液などをいくら塗っても美白成分はメラノサイトまで浸透しません。

つまり、浴びたばかりの紫外線に反応してメラニンが生成されないよう予防する効果しか期待ができないんですね。

メラノサイトまで有効成分が浸透する化粧品は現存する化粧品にはないといわれています。

そのため、シミを消したいと考える人に皮膚科医は体内からシミを消すことを勧めるのだそうです。

そこで、皮膚科医も認める効果を発揮するのがホワイピュアです。

ホワイピュアは日本の厳しい審査をクリアした第三類医薬品です。

配合されているL-システインやアスコルビン酸(ビタミンC)はシミの症状で皮膚科を受診したときにも処方される成分です。

もちろん医薬品ですから、サプリメントなどとは違い安全性や効果に大きな期待が持てます。

そんな2つの成分の肌に対する効能を見ていきましょう。

L-システイン

ターンオーバーを正常化

肌の代謝(ターンオーバー)のサイクルを正常化する働きがあります。

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりです。

爬虫類が行う脱皮と似たようなものだと考えると分かりやすいでしょうか。

表皮の一番奥にある基底層が新しい肌細胞を作り出し、それが上へ上へと押し上げられては肌の表面に出てくるのが、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)です。

肌の表面に新しい細胞が出てくると、古い肌は角質として剥がれ落ちます。

これを繰り返すことで肌は生まれ変わりを繰り返し、若々しい肌を保つことができます。

ターンオーバーが乱れてしまうと古い角質が肌の表面に留まってしまうため、様々な肌トラブルを引き起こしてしまう原因となってしまいます。

L-システインがターンオーバーを整えることで様々な肌トラブルを抑え、ハリのある若々しい肌に導きます。

体の代謝をサポート

L-システインは肌の新陳代謝だけでなく体の新陳代謝も促します。

体に必要なエネルギーを効率よく作り出せるようサポートし、エネルギー不足を改善します。

体にエネルギーが行き渡るようになるため疲れやだるさを軽減する効果があります。

抗酸化作用

L-システインには抗酸化作用があります。

紫外線を浴びたりストレスを感じたりすると活性酸素が体内に発生します。

活性酸素が体内で増えすぎてしまうと細胞にダメージを与えてしまい、肌を老化させる原因となります。

L-システインは増えすぎた活性酸素を除去し、肌細胞を健やかに保ちます。

アスコルビン酸

コラーゲンの生成促進

コラーゲンは肌のハリを保つため、若々しい肌を保つために欠かせない成分ですが、それだけではありません。

コラーゲンは体の元となるタンパク質のおよそ3分の1を占めているといわれています。

そのため、肌の健康だけでなく骨・血管・内臓の機能を保つためにもとても大切な成分です。

コラーゲンは分子が大きく肌に塗っても吸収されません。

アスコルビン酸はコラーゲンを作り出す補酵素として働くため、ホワイピュアで摂取することで体内のコラーゲンの生成を活性化させることができます。

美白効果

アスコルビン酸はメラニンの元となるチロシンという酵素の働きを抑えるはたらきがあります。

また、メラニンを無色化する効果もあるため、すでにできてしまったシミやそばかすを薄くする効果にも期待ができます。

免疫力の向上

アスコルビン酸には白血球を強化する働きがあります。

白血球は外部から侵入した細菌やウイルスをやっつけるはたらきがありますので、アスコルビン酸の摂取で白血球を強化することでウイルスや細菌に感染しづらくなります。

さすが医薬品に配合される薬なだけあって、様々な効能があることが分かりました。

L-システインとアスコルビン酸がもつメラニン色素の生成を抑える効果と、抗酸化作用によって高い美白効果を発揮するんですね。

肌に対する効果だけでなく、免疫力の向上や代謝のサポートによって体の調子も整えてくれます。

皮膚科医から絶大な支持を得るのは、これらの有効成分がたっぷりと配合されていて、内側から心身共に健康になれるのが理由です。


⇒ ホワイピュアの公式サイトはこちら