ホワイピュアの画像14

ホワイピュアはスキンケア化粧品と違い、第3類医薬品の錠剤です。

薬なら安全性はどのくらいなのか心配と言う人もいるのではないでしょうか?

ここではホワイピュアの安全性について調べてみました。

第3類医薬品?ホワイピュアの安全性はどれくらい?

ホワイピュアは、美白有効成分が配合された錠剤を飲む事で、体の内側からシミやそばかすを改善すると言う飲み薬です。

美白用の基礎化粧品であれば、良く「医薬部外品」と言うのを目にすると思いますが、ホワイピュアのような「第3類医薬品」とは、どのようなものなのでしょうか?

基礎化粧品の「医薬部外品」と言うのは、医薬品と化粧品の中間にあたり、医薬品より安全性は高く(その分効果もやや落ちます)、化粧品より効果が高いと言うものです。

ホワイピュアのような「第3類医薬品」と言うと、また少し安全性が変わり、薬の中では一番安全性が高いもの、となります。

詳しく言うと、第3類医薬品と言うのは、処方箋がなくても購入できる一般医薬品です。

一般医薬品には第1類から第3類まであり、第1類は副作用のリスクが高くなるので、薬剤師さんなどの指導者から直接説明を聞かないと買えません。

第2類になると、比較的リスクが高いと定義され、希に副作用が起きる危険性があるとされている医薬品になりますが、第1類のように指導者と購入者が直接話をする義務はありません。

ホワイピュアのような第3類医薬品はと言うと、副作用などのリスクが比較的低い一般医薬品の事で、コンビニや通販で販売しても問題ないとされています。

なので、ホワイピュアは一般医薬品の中では一番安全性が高いと言えます。

ですが、もし副作用が起きるとしたらどんな症状が出るのかも気になりますよね。

公式サイトを見てみると、発疹や発赤、かゆみと言った肌に表れる異変から、吐き気や嘔吐に胃部不快感、腹痛と言った症状の他に下痢や便秘も含む胃腸に関する異常などがあげられています。

もちろん、そう言った症状が出る可能性もあると言うだけの話ですので、必ずそれらの症状が出る訳ではありません。

もしもそのような異常が出た場合は、すぐに服用を止めて病院に行って下さいね。

ホワイピュアは無添加にこだわる健康食品とは違い、それなりの効果を求める医薬品ですので、ごく少量ですが添加物が使われています。

公式サイトにある商品基本情報の部分から、全成分と配合量を購入前に確認することができるので、心配な方は必ず事前に確認して下さいね。

また、妊娠中や授乳中の女性でも飲めるとありますが、やはり不安な方はお医者様に全成分を見て頂いて相談するのが良いと思います。

美白用の基礎化粧品の中には、効果も高いけど取り扱いが難しい劇薬のような物もあり、美白用の飲み薬も強力なものは危険なんじゃないか?と不安になる方もいるかも知れません。

特にホワイピュアはL-システインと言う美白成分が、1日に飲める最大量の240mg配合されています。

そう見ると、体の内側からシミがむしられるような感じなのでは?など色々な不安も出てくるかもしれないですね。

でも、L-システインと言うのは自然由来のアミノ酸を医薬品に使いやすいように少しだけ改良した成分で、他の美白用商品にも多く使われているポピュラーな成分です。

L-システインが原因で商品を自主回収したと言うメーカーの話は聞いたことがありませんし、1日の服用量と飲み方をきちんと守ればホワイピュアは非常に安全性の高い医薬品です。

もしホワイピュアに興味があるけど、危険性が心配と言う方は、一度公式サイトを詳しくご覧になってみて下さいね。


⇒ ホワイピュアの公式サイトはこちら